やっぱりすごい!! 新・子どもの脳にいいこと

ヤッパリスゴイ!! シン・コドモノノウニイイコト

知的障害は改善できる

向後利昭・鈴木昭平共著

素晴らしい改善例が続々

知的障害は「医学的に改善できない」と言われる中、「必ず改善できる!」と言明した、前著『子どもの脳にいいこと』は、大きな反響を呼んだ。第二弾の本書は、改善例をはじめ、鈴木氏が進める「エジソン・アインシュタインメソッド」の紹介、向後利昭氏が小児科医の立場から、フォローする。

1 こんなに多くの子どもたちが救われています
2 なぜエジソン・アインシュタインメソッドで知的障害が改善するのか
3 エジソン・アインシュタインメソッドを今日から実践してみよう
4 知的障害の改善と無限の可能性を信じて
5 小麦粉と牛乳をやめたら自閉症が改善した

詳細な目次のページを開く

やっぱりすごい!! 新・子どもの脳にいいこと
購入する
1512円(本体1400円)
四六判
216 頁
2011.1.31
978-4-87795-202-0
hontoサイトへ BookLive!サイトへ 紀伊國屋書店サイトへ ガラパゴス・ストア ソニー・リーダー・ストア koboサイトへ

立ち読み

まえがき 知的障害児は私の“先生であり命の恩人”

 エジソン・アインシュタインスクール協会にご相談にいらっしゃる方はほとんどが切羽詰って、焦って、思いつめて、暗い顔をしています。多くの人が「一度は自殺や子どもを連れての無理心中を考えた」といいます。
 私にはその気持ちが痛いほどわかるのです。それは自分も過去、自殺を考えたことがあったからです。
 私は茨城県北部の北茨城市で生まれました。「シャボン玉とんだ」などでの作詞で知られる野口雨情が生まれたところです。
 両親は教師で、父親は学校の校長を長く続けていました。兄も高校の教員、妹も中学の教員になりましたが、やはり教員と結婚して今は家庭に入っています。教員一家でした。
 私は大学院を出て、経営コンサルタントになろうと思っていました。大学時代に指導してくださっていた先生が「大学の教員になる道がある」と教えてくれました。そして、「それなら1年留年して論文を書いてきなさい」といわれました。
 そうしたら教員になれる……というような話だったのです。研究生として大学院に在籍し、いざ一年後、論文を仕上げてみると、私のために開けてくれているはずだったポストは「公募」になっていたのです。選考で最後の二人まで残ったものの、結果は落選。東大の博士課程を修了した人に決まってしまいました。
 1年を棒にふってしまい、「人生のスタートにつまずいてしまった」との念にかられ、先生を心からうらみました。それまで全幅の信頼を寄せていたのにショックでした。私自身も実力で負けたのは事実だし、どうしても大学教員になりたいという強い意志も足りなかったのだと納得するのに20年以上かかりました。
 人間不信と自分自身への失望、将来への不安が一気に押し寄せてきました。当時、大学も大学院も新卒でなければ企業への就職はきわめて厳しい状況でした。いわゆる一流どころは新卒でなければ絶対に無理でした。
 自分は何のために大学院まで行って論文を必死になって仕上げたのかと、将来を悲観して夜、眠れなくなり、家の近くの公園をうろうろする日々でした。
 どんどん気持ちがマイナスに向かい、自殺も考えました。実際にナイフを首に当ててみたこともあります。でもどうしてもその先に進む勇気はありませんでした。
 私の状況を知った母から、「戻ってきなさい」といわれ、実家に戻ることになりましたが、引きこもりに近い状態になってしまいました。
 家の周りの畑仕事などをしていたのですが、枝を切るために、2メートルの木に登れないのです。それまでは10メートル以上の木だって平気で登って枝打ちをしていたのに、たかが2メートルが怖くてたまらない。人間は弱い生き物だなとつくづく思いました。

続きを読む

プロフィール

向後利昭
1963年、千葉県生まれ。平成元年旭川医科大学医学部卒業後、千葉大学医学部小児科学教室に入局。その後、平成2年から船橋市立医療センター、平成3年から千葉市立海浜病院(新生児科)、平成5年から国保君津中央病院(新生児科)、平成6年から千葉県子ども病院、平成6年国立療養所下志津病院(現国立病院機構下志津病院)小児科医局長を経て平成14年4月、千葉県八街市に子どもクリニックを開業、現在に至る。専門は先天代謝異常、アレルギー、発達障害領域。一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール顧問。

鈴木昭平
1950年茨城県北茨城市生まれ。76年3月横浜国立大学大学院経営学研究科修士課程修了。経営学修士。同年4 月より同大学大学院研究生。ジャスコを経て常磐大学職員、常磐学園短期大学学内講師、桜美林短期大学、産能短大、日本航空高校、国土交通省・住宅産業研修財団などの講師を務める。1988年より幼児教育に携わり、2008年までに30人以上の知的障害児が劇的な改善を遂げる。その指導方法を広めるべく2009年、一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会を設立。現在同協会会長。著書に『子どもの脳にいいこと』(コスモ21)『ひかり速読法』『実践・成功脳の作り方』『マイナス2歳からの子育て』(KKロングセラーズ)DVD『知的障害児は天才性を秘めている!』(コスモ21)などがある。