topbanner

総合出版 コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

  • TOP
  • 学習
  • 英語の偏差値がたった3カ月で30アップ 耳と口で10倍速く覚える

英語の偏差値がたった3カ月で30アップ 耳と口で10倍速く覚える

エイゴノヘンサチガタッタ3カゲツデ30アップ ミミトクチデ10バイハヤクオボエル

右脳式「家庭学習法」/受験から大人の日常会話まで/誰でも英語が得意になる奇跡の学習法

松井和義著

家庭学習だけで英語脳が動き出す!

学校で多くの時間を費やし、英語教育を受けながら英語の聞き取り、喋ることが苦手な日本人。その根本原因は英語脳の形成がうまくいかないから。本書では、英語脳をつくる家庭でできる学習法を紹介。この学習法で短期間に偏差値を伸ばした受験生、ネイティブな日常会話を身につけた大人が続々。

主な内容

プロローグ 誰でも英語が得意になる奇跡の学習法
第1章 世界一英語習得が苦手な日本人
第2章 10倍速く英語脳をつくる究極の学習法
第3章 ミミテック英語学習法を実践
補 章 潜在意識が活性化すると学習効果がさらにアップ

詳細な目次のページを開く

英語の偏差値がたった3カ月で30アップ 耳と口で10倍速く覚える
価格
1728円(本体1600円)
判型
四六判
頁数
200 頁
発行日
2017.10.25
ISBN
978-4-87795-358-4
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 誰でも英語が得意になる奇跡の学習法

英語教育のいちばんの欠点は英語脳を機能させていないこと</p>

 日本人は世界一英語習得が苦手な民族だといわれています。

 その原因はいったいどこにあるのでしょうか。日本人は世界一頭が悪いからでしょうか。

 とんでもありません。最近のノーベル賞受賞者の数を見ても、日本人の頭脳は世界でもトップレベルです。悪いのは、日本人の頭脳ではなくて学校での英語の教育方法にあります。

 そのいちばんの欠点は、「英語脳」を機能させる教育をしていないことです。

 じつは、人間の脳は使う言語によって機能する脳の部位が異なっています。私たちは、当たり前のように日本語を話していますが、「日本語脳」という脳の特定の部位を使っているのです。

 それと同じように、日常的に英語を使う人々は「英語脳」という部位を使っています。もちろん、日本語脳を介さずに英語脳で、英語は英語のまま認識し処理しているのです。

 では、幼少期から無意識に「日本語脳」を使って生活してきた私たち日本人が、英語を習得するにはどうすればいいのでしょうか。

 これまでの英語教育では、日本語脳を使って英語を日本語に置き換えながら覚えるという学習法が主流でした。しかし、これではいくら時間をかけて学習しても英語脳が機能しません。英語を英語のまま理解して使うことができないのです。

日本語脳を休眠させて英語脳を機能させる

 脳の言語機能は人間独特のものです。たとえば、犬や猫、猿はイメージや感性でとらえることはできますが、それを人間のように言語に置き換える機能は発達していません。

 人間の場合はイメージや感性でとらえたことを言語に置き換え、その言語を使って思考したり伝達したりする機能が発達しています。しかも、世界には、文化や環境の違いから約8000種類の言語が存在しています。そのなかには、日本語と比べて言語構造や発音が似た言語がある一方で、かなりかけ離れた言語まであります。

 とくに本書のテーマである英語は、日本語と言語構造や発音がかなり異なっています。他の言語と比べると、北極と南極ほど離れているともいえます。当然の結果として、機能する脳の部位(日本語脳と英語脳)もまったく異なります。

 その意味では、私たち日本人にとって英語を学ぶことは他の言語より難しいことだともいえるのです。

 では、そんな英語をどうすれば習得できるのでしょうか。いちばんの近道は、いったん日本語脳を休眠させて、朝から晩まで一日中、英語にどっぷり浸かって英語脳を刺激し続けることです。

 別の言い方をすれば、英語圏で生まれた赤ちゃんが幼少期に英語脳を形成するプロセスと同じような体験をすることです。

何年間も英語教育を受けたのに聞き取れない、話せない

 ところが、わが国の英語教育は明治以降、基本的に文法と読解中心で行なわれてきました。もちろん、文法は日本語脳で考えます。読解も日本語脳で考えて訳そうと努力します。これでは、いつまで経っても英語脳が形成されないことは明らかでしょう。

 その証拠に、大学教授でも、海外へ留学したことのない人は、英語の本を読み、文章を書くことはできても、英語の聞き取りや会話は苦手という場合が多いのが現実です。それは英語脳が形成されていないからですが、専門書が理解できればいいということであれば、それでもいいかもしれません。

 しかし、ほとんどの日本人が求めているのは、ある程度英文が読めて、聞き取りや会話ができることだと思います。そのために中学、高校、大学と6年間とか10年間英語教育を受けたのに、いざ英語でコミュニケーションをしようとすると、ほとんど聞き取ることができず、話すこともままならないという現実に直面します。

 あるいは、受験で英語のリスニングに苦労することも多いようです。

 なかには英語に対する苦手意識がトラウマになり、英語圏の人との接触を避けるなんてことも、けっこうありそうです。いったい、あの6年間の英語学習は、あの10年間の英語学習は何だったんだと落胆した体験のある人も多いでしょう。

 その根本原因は、これまでの学校での英語教育では、英語脳の形成がうまくいかなかったことにあります。

英語をマスターした人たちに共通していること

 では、どういう英語学習を行なえば英語脳をうまく形成できるのでしょうか。そのヒントを得るために英語をうまくマスターできた人たちの体験を分析してみました。すると、いくつか共通していることがいくつか見えてきました。

●英語の授業を聞き続けていたら3カ月後突然、理解できるようになった!

 現在、国立大学の英語の教授をされている女性です。

 彼女は同志社大学の英文学科を優秀な成績で卒業し、コロンビア大学の大学院へ入学しました。

 ところが、すべて英語だけの授業がまったく聞き取れず、何を言っているのか、さっぱりわかりません。ですから、最初の3カ月間は授業に出ていても、ただただ苦行のようだったといいます。

 じつは彼女は、イングリッシュランゲージコースも受けていました。この授業も、もちろん100%英語だけの授業です。やはり、チンプンカンプンでしたが、3カ月経ったころ、ある日突然、英語の意味が理解できるようになり、英語が口から飛び出すようになりました。

 それまでは、日本語脳で英語を日本語に訳して理解しようとしていたため、いくら英語を勉強しても、日本語脳が英語脳の形成を邪魔していたのです。それが、英語脳が働くようになって英語のまま意味をつかめるようになったのだと考えられます。

 実際に、彼女はその日を境に英語の授業についていけるようになったそうです。

●同じ映画を観続けていたら3カ月で聞き取れるようになった!

 日本の高校を卒業し、米国へ渡った男性です。

 彼は、昼間はレストランで皿洗いのバイトをし、夜や休日は、映画館で同じ映画を繰り返し観ていました。

 もちろん、字幕はありません。最初のうちはまったく意味がわらなかったのが、徐々に聞こえてくる英語の意味がイメージでキャッチできるようになっていったというのです。

 3カ月後には自然に英語を聞き取れるようになり、英語が口から出るようになったといいます。同じような体験をしている人は彼だけではないでしょう。

●一日中英語漬けで3カ月後に突然英語がスラスラと

 わが社の英語教材制作を担当してくれていた安部竜太さんがカナダに語学留学したときの話です。

 安部さんは日本の高校を卒業し、日本人が一人も住んでいないカナダの地方都市にある英語語学学校へ一年間留学しました。高校時代は海外留学などまったく念頭になく、むしろ英語は不得意でした。文法も苦手でした。

 カナダでは語学学校でもホームステイ先でも日本語を話せる相手は一人もいません。一日中、英語漬けです。必死に身振り手振りでコミュニケーションをとったそうです。すると3カ月後、突然のように英語が聞き取れ、英語がスラスラと口から飛び出すようになったといいます。

 一年後、日本に帰国した安部さんは名古屋外国語大学に入学しました。卒業後、トヨタ自動車関連の海外輸出の会社に就職しました。さらに29歳でニュージーランドへ一年間留学し、帰国後、わが社の英語教材制作や英語の窓口を担当しました。

 この3人のケースには共通していることがあります。一日中英語にドップリ浸かり、日本語を使わない生活をしていると、3カ月後くらいに突然、英語の聞き取りができ、英語が口からスラスラ出るようになったということです。しかも、かなりネイティブに近い英語発音を身につけています。

 そのいちばんの理由は、英語脳が形成されたことにあります。毎日、シャワーを浴びるように英語を聞くことで、英語独特の発音やアクセント、ニュアンスなどを聞き取れる英語耳が形成され、それにともなって英語脳が形成されるのです。

 これまでの日本の英語教育は、日本語脳で英語を考えながら勉強していたため、6年間とか10年間勉強し続けても英語脳は形成されませんでした。

英語耳、英語脳の形成を可能にした秘密

 では、日本で生活していても英語シャワーを浴び続ければ英語耳、英語脳を形成することは可能なのでしょうか。

 それなりの効果は期待できるかもしれません。しかし、毎日英語シャワーだけを浴び続けることは、現実としてはなかなか難しいでしょう。たとえ、できたとしても、年齢が高くなるほど、耳は日本語の発音やアクセントを聞き取るように固定されていくからです。

 もう一つ、私たち日本人が英語耳を形成するのを難しくしている理由があります。それは、日本語と英語の周波数の違いです。

 それぞれの言語には固有の周波数があります。いろいろな言語の周波数を比べますと(図1)、英語はいちばん高周波の領域にあります。一方、日本語はいちばん低周波の領域にあります。この違いが、日本語に慣れ親しんだ私たち日本人の耳(日本語耳)で英語を聞き取ることを難しくしているのです。

 この壁を取り払うことができなければ、英語を聞き取り、英語耳を形成することは簡単ではありません。

 よく知られているように、脳の神経回路の形成は3歳くらいまでがもっとも活発であるといわれています。ですから、この時期に子どもの耳から入ってくる言葉の刺激が言語耳の形成にはとても効果的なのです。英語脳も同じです。

 ですから、たとえ年齢が高くなってからでも、もし幼児期の耳で聞いたように英語を聞くことができれば、それが英語耳と英語脳の形成にもっとも効果的なのです。

 本書で紹介する英語学習メソッド(ミミテック英語学習法)は、そのような考えに基づいて英語脳を3カ月間で形成できるように開発された学習法です。しかも、毎日一日中英語シャワーを浴びる必要はありません。一日1時間、自宅学習するだけで英語脳が形成され、英語の読み書きはもちろん、聞き取りと会話が可能になります。

 海外留学をして、このメソッドを使ったところ、わずか1カ月間で英語脳を形成できたという事例も数多くあります。たとえば、本文で紹介します寺田三兄弟はこのメソッドを使い、英語だけでなくスペイン語、ロシア語、中国語をそれぞれ1カ月間の語学留学でマスターしてしまいました。

 小学生や中学生、高校生がミミテック英語学習法を実践して、成績を飛躍的にアップさせたという事例も増え続けています。学校で英語を習って以来、ずっと英語は苦手だったという人が大人になってから、短期間で英語をマスターできたという事例も山ほどあります。

 詳しくはのちほど紹介しますが、それは、ミミテック英語学習法が短期間、短時間で英語耳をつくり、英語脳を形成することを可能にしているからなのです。

受験英語で驚くほど成績アップ

 私が最初にこの英語学習法の効果を実感したのは、高2になったばかりの長男が実際にこの英語学習法で英語を勉強したときのことです。何と、わずか2週間で中間テストの英語Ⅱ、英語R(リーダー)、英語W(ライティング)すべてで100点満点を取ったのです。

 さらに2カ月後には大手の全国模試で英語の偏差値を10近くアップさせました。

 このことを私の本業であるトップマネージメントの指導先だった会社の社長さんに話すと、お子さんたち(高校生と中学生)にもやらせてみたいと言います。さっそく取り組んだところ、何と3カ月で英語の偏差値を15アップさせることができたのです。

 その後、このミミテック英語学習法を紹介するため出版された『たった2カ月で偏差値10アップ』は9万冊の大ベストセラーになりました。

 続けて出版された『3カ月で英語が偏差値25アップ』では、わずか数カ月後に大学受験を控えた5人の高校生がミミテック英語学習法で偏差値を平均25くらいアップさせた体験記を紹介しました。

 5人のなかでもっとも早く取り組んだのは、3年生の8月になって始めた梶山功亮君でした。彼は夏の甲子園を目指し、野球部キャプテンとして毎日厳しい練習を続け、帰宅時間は深夜11時過ぎでした。土日は対外試合もありました。甲子園への挑戦は県大会で負けてしまい、残念ながらそこで終わりました。

 ですから、本格的に大学受験の勉強を始めたのは8月初めからでした。

 5人のなかでもっとも遅く本格的に受験勉強を始めたのは、ハンドボール部キャプテンとして活躍していた菊池春菜さんです。何と12月1日からでした。

 2人とも、持ち前の集中力で毎日1時間欠かさず「ミミテック英語学習法」に取り組みました。その結果、3カ月間で英語の偏差値を25ほどアップさせたのです。梶山君はC判定から新潟大学に合格、菊池さんはE判定から東大より難しいともいわれる秋田県の国際教養大学の秋入学試験に合格しました。

 他の3名はそれぞれ9月17日、10月初め、10月31日からスタートしましたが、3カ月間でやはり英語偏差値を25前後伸ばしました。当初は合格可能性がC〜D判定だったのに、国立大学や有名私立大学に合格しました。

 5人は全員、私が主催する「高校大学受験対策セミナー」で1回だけ英語学習法の指導を受けただけです。しかも、5人とも学習塾には行かず、自宅学習だけで結果を出したのです。

 彼ら以外にも短期間で学習効果を上げ、難関高校や難関大学に合格した子どもたちがたくさんいます。なかには、兄弟3人とも東大医学部に合格したというケースもあります。

 全国でミミテック英語学習法を取り入れている高校生が増えていますが、私が注目しているのは、高校3年の夏休みまで野球、サッカーなどのクラブ活動に専念し、それから受験対策を本格化した高校生たちです。合否がD判定でも、急速に成績を伸ばしています。

 興味深いのは、医学部を志望する高校生がミミテック英語学習法を取り入れることで、苦手だった英語の偏差値を一気に伸ばしている事例が多いことです。

 じつは医学部志望の高校生には、理数系は得意だけれど、英語が苦手というケースが意外に多く見られます。理数系の科目ではあまり点差がつかず、英語の差で合否が決まるため、結果として受験では英語のウエイトが大きくなります。

 ミミテック英語学習法で英語を得意科目にしてしまい、医学部合格を果たしている高校生が増えているのです。

 医学部受験といえば、東日本大震災後、医学部の受験に取り組む30代や40代の人たちが増えているといわれます。ミミテック英語学習法に取り組む人たちのなかにも社会人になってから医学部を目指す人たちがいますが、子どもたちの手が離れた51歳のお母さんが医学部受験を目指しています。年齢的なハンディもあってとくに英語が苦手でしたが、英語耳、英語脳をつくることに特化した学習法で偏差値がかなり伸びています。

 数年前から「ミミテック英語学習法」はさらに進化を遂げています。詳しくは本文中で紹介しますが、リスニングはもちろん、流れる英語に合わせてほぼ同時進行で復唱し、それを聞き直すという学習法を充実させました。さらに「一語一音読法」などを加えることで、学習効率が飛躍的に向上しています。

 その結果、先ほど紹介したように3カ月で英語の偏差値が25までアップする事例は増えてきましたが、30までアップする事例が徐々に増えています。

 たとえば、本文中に登場する渡辺恒優さんは、米国の医師試験にわずか2カ月で挑戦し英語一次試験に合格しています。それまでは英語を本格的に学習したことはありませんでしたが、進化したミミテック英語学習法を実践することで、医学用語も含めて英語能力を飛躍的に伸ばすことができたのです。

 これは、偏差値にすれば30アップどころではないでしょう。しかも32歳での挑戦です。

 入試直前の20日間、正月を返上し毎日2時間以上のレッスンに取り組むことで、英語耳と英語脳を作り上げ、苦手な英語のリスニング力と長文読解力を飛躍させて難関高校の選抜クラスに合格した館野恒明さんもそうです。

 もし、この学習法で1カ月間、集中的に英語学習に取り組めば、一つの外国語をマスターできます。本書に登場する寺田美恵子さんの3人の子どもたち(娘さんと息子さん)はそのことを示す代表的な事例です。

実践英会話のために導入する企業や団体も増える

 ミミテック英語学習法を最初に試したのは私の長男だったことは先に述べたとおりですが、本格的にこの学習法を導入したのは、わが国最大手の自動車メーカーです。

 東京大学をはじめ一流の大学の大学院を卒業し、博士号を取得している社員もたくさんいます。彼らは日常的に海外とのやり取りをしていて、ほとんどはネットを使って英語で行ないます。さすがに長年にわたって英語教育を受けてきていますから、文章でのやり取りは何とかなっていましたが、国際電話でやり取りするときはかなり難儀しているというのです。

 さらに、今はネットを使って海外ともテレビ会議が普通に行なわれます。ますます英会話によるコミュニケーションの必要性が高くなっているのです。そこで、英語耳、英語脳をつくることに特化されたミミテック英語学習法に注目し、導入したのです。かなり成果が出ているようです。

 同じく国際的な活動が増え続ける海上自衛隊の一部にも導入されました。

 これらに限らず、どの分野でもますますグローバル化が進み、聞き取りができて会話ができる実践英会話の力を身につける必要性が高まっています。しかも、現場にいくほど急務になっているのです。

目 次

英語の偏差値がたった3カ月で30アップ 耳と口で10倍速く覚える……もくじ

プロローグ 誰でも英語が得意になる奇跡の学習法

英語教育のいちばんの欠点は英語脳を機能させていないこと

日本語脳を休眠させて英語脳を機能させる

何年間も英語教育を受けたのに聞き取れない、話せない

英語をマスターした人たちに共通していること

英語耳、英語脳の形成を可能にした秘密

受験英語で驚くほど成績アップ

実践英会話のために導入する企業や団体も増える

実践者の輪が全国に広がる

第1章 世界一英語習得が苦手な日本人

学校教育で刷りこまれた勉強法の限界

英語学習のあるべき姿とは

世界でいちばん英語の聞き取りが苦手な日本人の耳

日本人が英語脳を形成しにくい理由

第2章倍速く英語脳をつくる究極の学習法

奇跡の語学学習器

コラム 英語耳になると英語口になる

「一語一音読」で日本語脳の癖を短期間に取り除き英語脳に

コラム ミミテックサウンドの英語CD教材

10倍速く英語脳をつくり上げる秘訣

○英語は英語のままのイメージで覚える

○英語文法を詰め込んでも英語は身につかない

○右脳的機能を優先する語学学習が効果的

○英語脳をつくる6つの法則

音の振動が伝わる回路は二つある

第3章 ミミテック英語学習法を実践

Ⅰ 受験編

(1)学習法を変えるだけで英語脳が動き出す

「今までの私じゃないみたい!」

(2)実際の学習の流れ

体験①3人の子どもたちがミミテックで5カ国語以上すべてマスターしました

体験②帰国子女が多い学校で英語期末テスト学年50位が1週間で8位に

体験③部活をやめた高3の8月から取り組み、偏差値45から志望大学に合格!

体験④英語の偏差値を30以上伸ばし、防衛大学校に合格!

体験⑤中学1年からミミテック学習法をスタート。高2秋には英語偏差値が87になり大阪大学医学部に合格できた!

体験⑥中学1年7月から毎日やり続けたら英語が大得意になり、国際基督教大学(ICU)に合格!

体験⑦苦手だった英語が得意教科になり、難関高校に合格できた!

体験⑧入試前の20日間で苦手な英語のリスニング力と長文読解力を伸ばし難関高校の選抜クラスに合格できました

体験⑨中2の夏休みに中学英語3年分を終了し英検3級に合格!

半年で英検3級合格の小学6年生が全国で続出!

Ⅱ 大人の実践英語編

体験①2カ月間ミミテックの集中学習で米国医師一次試験合格!

体験②6カ月のレッスンで英語脳が完成し、英語を話せるようになった!

体験③2カ月半のミミテック英語学習で留学直後から英語が聞き取れた!

体験④カナダに語学留学すると、その日から英語授業についていけた!

体験⑤ミミテックで塾の小学生も大人も英語の発音がネイティブのように!

体験⑥映画を観ていると英語が聞き取れることに気づきました

体験⑦英語教材制作会社にいても英会話ができなかったのに、短期間で米国人家族と会話を楽しめるように!

体験⑧英語オンチの私が毎日30分、1時間の自宅学習で1年後に英会話ができた!

体験⑨66歳からスタート、2年半でネイティブな英語をマスターできた!

体験⑩1カ月もかからず英語の発音がはっきり聞き取れた!

体験⑪半年間で簡単な英会話ができるようになり、脳も若返りました!

補 章 潜在意識が活性化すると学習効果がさらにアップ

イメージが明確で強いほど伸びる

ミミテックでアファメーション効果が飛躍的にアップ!

睡眠中の潜在意識を活用する

 

エピローグ

プロフィール

松井和義(まついかずよし)

昭和26年愛知県生まれ。高知大学在学中より能力開発の研究を始める。

昭和62年よりトップマネージメント研究施設を開設し、経営者協会後援のもと数百社のマネージメントセミナーや人材教育を担う。

平成9年11月より本格的な脳科学の研究と「ミミテックメソッド」プロジェクトをスタートさせる。その後、実践脳科学提唱者として、脳と身体の潜在能力開発法指導のセミナーを全国の主要都市中心に年150回以上開催。とくにミミテックメソッドを活用した「ミミテック英語学習」の指導は好評で、全国に実践の輪が広がっている。現在、株式会社ミミテック代表取締役。