topbanner

総合出版 コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

相馬名勝三十景 倉本 信之 手彩色木版画集

ソウマメイショウサンジュウケイクラモトノブユキテサイショクモクハンガシュウ

倉本 信之

福島県相馬市には、古来松川十二景・北山八景(城北八景)・城南十景と相馬三十景が知られている。ことに松川浦は万葉集に詠まれて以来の名勝で、江戸時代からは朝廷の公卿十二人の優れた和歌と絵画が残されている。このたび棟方志功に師事したことのある画家、倉本信之が民俗学者・文学博士である岩崎敏夫氏や相馬郷土研究会の方々と調査・取材を重ね、15年の歳月をかけて平成17年に全ての版画作品が完成した。本書は相馬名勝三十景と平成相馬六景の手彩色木版画全作品と新聞掲載記事等をまとめた版画集であり、地域共有の文化財として大切に語り伝えていく貴重な記録でもある。

主な内容

・脚光を浴びてよみがえる 相馬の名勝三十景
・相馬名勝三十景手彩色木版画
  城南十景/北山八景/松川十二景
・相馬名勝三十景新聞掲載記事
・平成相馬六景手彩色木版画
・平成相馬六景新聞掲載記事
・岩崎敏夫先生直筆 相馬の名勝草案原稿
・相馬名勝三十景木版画集によせて

相馬名勝三十景 倉本 信之 手彩色木版画集
価格
2420円(本体2200円)
判型
A四判
頁数
94 頁
発行日
2021.5.6
ISBN
978-4-87795-402-4
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店で、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

プロフィール

倉本信之(くらもとのぶゆき)

1962 武蔵野美術大学卒業(特別授業にて棟方志功に師事)

1989 手彩色木版画「相馬三名勝十景」版画制作始まる〜2005全作品完成

1997 中国・長春、東北師範大学より客員教授拝命

1998 中国・内蒙古、内モンゴル大学芸術学院より客員教授拝命

2000 チベット大学より客員教授拝命