topbanner

総合出版 コスモ21

頭にいい、体にいい、楽しい本満載!

日本は農薬・放射能汚染で自滅する!?

ニホンハノウヤク・ホウシャノウオセンデジメツスル!?

戦後最悪の法律が施行された!!

上部一馬著

日本の伝統食とミネラル療法によるデトックス

知らず知らずのうちに、日本は世界で一番、遺伝子組み換え作物を食べている国となった。遺伝子組み換え作物は、農薬に耐えられるよう考えられたもので、農薬と遺伝子組み換え作物は切っても切りはせない関係だ。その農薬は、ベトナム戦争の枯れ葉剤の流れをくむものなのだ。また、福島第一原発から流出する汚染水の地下水への浸透が懸念され、除染土が全国に攪拌されようとしている。自分の健康は自分で守らなければならない時代、体内汚染・体内被曝から身を守る賢い食生活を紹介する。

主な内容

プロローグ 農薬・放射能汚染を日本の伝統食が防御する
第1章 日本はこのままでは衰退し滅亡する!
第2章 放射線が日本列島を汚染する
第3章 鉱物ミネラルの機能性に迫る
第4章 有害物質を除去する養生法のススメ
エピローグ 目覚めよ NIPPON!

詳細な目次のページを開く

日本は農薬・放射能汚染で自滅する!?
価格
1512円(本体1400円)
判型
四六判
頁数
224 頁
発行日
2018.12.21
ISBN
978-4-87795-373-7
弊社サイトで購入する

ネット書店で購入

以下のネット書店でも、ご購入が可能です(クリックすると、各ネット書店のページが開きます。購入方法等は、各サイトにてご確認ください)。

立ち読み

プロローグ 農薬・放射能汚染を日本の伝統食が防御する

◎このままでは日本は自滅する

 米国ではガンによる死亡者数の増加がストップ、2000年代から毎年約3000人ずつ死亡者数が減少に転じだしている事実をご存じだろうか。最大の理由は、慢性病大国として数十年悩んだ米国政府が、その原因を探し、国民の食生活を見直し、最大の原因となる肉と乳製品の摂取を控える国策を採ったからにほかならない。

 いわゆる『マクガバンレポート』がそれだ。そして、最大の決め手となったのが、NCI(国立がん研究所)が中心となってガンにならないための食材を厳選した『デザイナーフーズ』を策定、この摂取を国民に広く呼びかけたのだ。

 無論のこと、健康を害す要因となる防腐剤や保存料などの食品添加物を少なくし、農薬を廃したオーガニックフーズの摂取を奨励したことも大きい。今日、最大の問題となっている遺伝子組み換え作物、またはF1種(異なる親を交配させて生まれた新たな形質をもつ種子)の追放に母親たちが決起し、追放に乗り出したことも大きな要因とされる。

 目を転じれば、国民の健康を守るべき日本の厚労省や農水省がこれまで行なってきた政策を見ると、国民の健康は二の次で、産業優先の姿勢が浮き彫りになってくるのだ。

 たとえば、食品添加物や農薬の使用量を見てもEU(欧州連合)やアメリカと比べるとその数量は突出しているのだ。そのことは本文をお読みになっていただきたいが、あまりにも欧米諸国とかけ離れていることが一目瞭然なのだ。

 モリ・カケ騒動のどさくさに紛れ、日本政府が昨年(2017年)、決議した施策は、“日本自滅3カ条”とも呼べる酷いものだ。

 その3カ条とは、同年4月に議決した“種子法の廃止”と、同12月25日の“グリホサートの食品残留基準値最大400倍の規制緩和”と“ネオニコチノイド系農薬スルホキサフロルの解禁”である。

 まず、種子法の廃止とは、これまで地方自治体で環境、伝統に合わせ育成、保持してきた米、小麦、大豆などの種子作りを止め、民間企業に門戸を広げる名目で、政府自ら、この法律を廃棄したことだ。

 早い話、遺伝子組み換え(GM)農産物とF1種を、世界最大手、巨大バイオ企業であるモンサント社らに門戸を開放し、遺伝子組み換え種子栽培を奨励する計画だ。現在、モンサント社の日本国内での寡占が進み、種子の9割はF1種とされる。これは1代限りの種子なのだ。

 これでは、農家は毎年F1種の購入を強制されることになる。

 インドでは、政府によって遺伝子組み換え綿花栽培が奨励され、農家は毎年種子と除草剤、そして化学肥料の購入を義務づけられ、25万人以上の農家が借金返済で困窮、自殺者も後を絶たないという。

「食」は国民の命にも直結する。遺伝子組み換え種子に限定し、これに頼るのは、あまりにも早計ではないか。さらにTPPが実行されれば、遺伝子組み換え作物の表示をしなくても良いことになる。

◎世界で一番、遺伝子組み換え作物を食べているのは我々日本人だ!

 GM作物の餌を200匹のマウスに2年間食べさせたところ、50%から80%に巨大な腫瘍ができたのだ。当然、寿命も著しく縮まった。

 このGM作物を世界一食べているのが、我々日本人なのをご存じだろうか。大豆、ジャガイモ、小麦、菜種などはGM作物がほとんどだ。敏感な方は、味がオカシイことに気づくはずだ。これを原料にした加工食品には、5%まで遺伝子組み換え作物が入っても“非遺伝子組み換え食品”と表示できるのだ。

 さらにGM種子&F1種とセット販売される除草剤『ラウンドアップ』の食品残留基準値が最大400倍まで規制緩和はもっと酷い。詳細は本文でお読みいただきたいのだが、この除草剤を開発したのは前出のモンサント社で、その主要な有効成分はグリホサート、このグリホサートの基準値が400倍も規制緩和されたのだ。ラウンドアップにはさらに、強力な除草剤「ジカンバ」という劇薬も混入されている。日本での製造販売元は、モンサント社から販売権の譲渡を受けた日産化学。商品名は、『ラウンドアップマックスロード』だ。

 こうした除草剤を大量散布し、耕作地周辺の住民が健康を損なったことから、欧米をはじめ、世界50カ国以上で反対運動が起こっている。世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)も、「米モンサント社が開発した除草剤の有効成分グリホサートには発ガン性の恐れがある」とする報告書を公表している(日経新聞2015年3月24日付)。

 なぜ日本政府は、遺伝子組み換え作物を世界一輸入するだけでなく、世界中から危険視されているグリホサートの食品残留基準を、最大400倍も規制緩和するのか。

 2018年になって、前年12月解禁されたネオニコチノイド系農薬、スルホキサフロルは、農業家や市民団体から反対意見が寄せられ、幸い、解禁は2年間延期されたが……。

◎800メートル地下で核燃料と地下水が接触、核反応が起きている!?

 私たち日本人の生存を脅かすという点では、福島第一原発から流出する汚染水も見逃せない。専門家が指摘するところでは、すでに核燃料が800メートル地下で地下水と接触、核反応を起こしているというのだ。ここで発生したストロンチウムが地下水を汚染し、関東圏だけでなく、東北圏周辺にも逆流しているという。その2015年秋あたりから原発周辺海域で謎の白い霧が発生していることが確認されている。

 これを危険視した某大学院の医師が2年間、患者を分析したところ、「2人に1人がストロンチウム汚染を引き起こしている」というのだ。

 この情報が正しければ、今後、白血病や突然死、糖尿病、骨粗しょう症などが多発し、著しく健康を害し、短命になる人が増える可能性が高い。現にチェルノブイリ周辺国では、原発事故後、明らかに寿命が低下したというデータが公表されているのだ。

 さらに、環境省は福島原発で汚染された除染土を中間管理貯蔵庫に5年以上かけて、集積していたが、2018年6月、この除染土を全国に搬送、道路や公園、農地などに転用することを決定した。

 これでは、何のために国民の税金を使い、除染土を集積していたのか、まったく意味不明だ。

 この除染土は、1キロ当たり軽く8000ベクレルを超え、全体で10万から40万ベクレル以上になるかもしれない。50センチ以上地下に埋めるので安全だというが、この作業が完全に履行される保証はない。また、地震や津波によって、いつ除染土がむき出しになるかもしれないのだ。

 除染土の量は2200万平方メートル、東京ドーム18杯分に相当するらしい。これで日本の国土は、放射能汚染漬けが完成するのではないだろうか。

 現在、日本人の2人の内1人がガンにかかる時代となった。前出の日本が自滅する恐れがある3カ条に加えて、この“除染土拡散”が実行されれば、ガンにかかるのは2人に1人ではなく、3人に2人となる時代が訪れるのではないだろうか。

 食品添加物や遺伝子組み換え食品、農薬汚染の脅威から身を守るには、この食品を購入しない、食べないというライフスタイルが求められる。このほか、体内デトックス(解毒)で化学物質を吸着、排泄する食養生の確立が必須になってきた。また、放射線の体内被曝から身を護るには、日本伝統の味噌、醤油、漬け物などの発酵食品を摂るのがいい。

 昭和20年8月、長崎の爆心地から1・4キロ離れた聖フランシスコ病院に勤めていた秋月辰一郎医師らは、廃墟として残った病院の中で、焼け出された患者を救出、治療に専心していた。そこで、秋月医師は叫んだ。

「濃い味噌汁を毎日食べるんだ。砂糖は絶対いかんぞ! 砂糖は血液を破壊するぞ! からい濃い味噌汁を毎日食べるんだ。玄米飯に塩をつけて握るんだ。砂糖は絶対いかんぞ!」

 医師・看護師らはこれを護り、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったというのだ。濃い味噌汁や塩で握った玄米が効いたわけだ。

 チェルノブイリ原発事故では、この秋月医師の教訓が生かされ、放射能汚染の危険性がある旧ソ連や欧州には大量の味噌が輸出された。

 本書では、すでに日本人の体内に蓄積が進む化学物質を排泄できる伝統の食養生と、化学物質の吸着と排泄にとくに優れている鉱物ミネラル療法、断食療法なども紹介した。

 それらは筆者が30年近い歳月をかけ、健康医療業界で取材を重ねることで判明したものばかりである。もはや、自分の健康は自分で護らねばならない時代がやって来た。

 それにもかかわらず、マスコミは真実を伝えないばかりか、権力者、大企業の顔色を窺い、広告媒体化しているのが現状だ。こんなことは他の先進国では考えられない。新聞・テレビの情報は国民の敵なのだ。今こそ本当の情報を共有し、何が真実かを探り、戦後最大の危機を乗り越えねばならい。

 

 2018年7月

   梅雨空に咲く蛍ブクロに想いを寄せて 上部一馬

目 次

日本は農薬・放射能汚染で自滅する!?……もくじ

プロローグ 農薬・放射能汚染を日本の伝統食が防御する

◎このままでは日本は自滅する

◎世界で一番、遺伝子組み換え作物を食べているのは我々日本人だ!

◎800メートル地下で核燃料と地下水が接触、核反応が起きている!?

第1章 日本はこのままでは衰退し滅亡する!

Ⅰ “日本自滅3カ条”の怖ろしさ!

●農薬や食品添加物の摂取量は年間10キログラム前後にもなる

●“人工甘味料トリオ”は血糖上昇、うつ病、腎機能低下、脳卒中を招く

●消費期限切れのコンビニ弁当を食べた母豚のお産で死産相次ぐ!

●ネオニコ系農薬が脳神経を破壊、神経伝達障害を拡散させる!

●農薬の食品残留基準値をEUの300倍から500倍に規制緩和!!

●モリ・カケ問題のドサクサ騒動に紛れ、日本を滅亡させる3法令が決議された

●ダイオキシンに酷似する除草剤成分が最大400倍規制緩和された

●インドの20万戸以上の農家が自殺に追い込まれた

●グリホサートを散布したアルゼンチンではガンの発生が41倍に

●WHOでさえ発ガン性、脳の疾患、アレルギー疾患、ホルモン撹乱作用を認めた

●ネオニコ系農薬の一種『スルホキサフロル』が解禁された

Ⅱ 遺伝子組み換え食品の脅威に迫る

●遺伝子組み換えトウモロコシを食べたマウスに腫瘍が……

●枯れ葉剤『2,4−D』と劇薬『ジカンバ』を認可

●モンサント社製の遺伝子組み換え作物の世界最大の輸入国が日本!

●日本の伝統食にも表示義務がない

●甘味料は遺伝子組み換えトウモロコシが原料のコーンスターチに切り替わった

●プーチン大統領がコーンシロップ、GMO食品の追放に乗り出した

第2章 放射線が日本列島を汚染する

Ⅰ 放射線に汚染された地下水が水道水に流入している

●福島原発第一原発は3月11日、3時46分にメルトダウンしていた!

●セシウム137汚染で原子力非常事態宣言下が100年間続く

●EUは放射線量がチェルノブイリの3倍と公表した

●関東の2人に1人がストロンチウムに汚染されている!?

●核燃料が地下800メートルに達し、汚染地下水は関東、東北周辺まで逆流している!?

●福島原発周辺で発生する謎の怪霧とはなんだ?

●除染が進まない20キロ圏内への帰還

●2018年6月、環境省は福島の汚染土の全国搬入を決定

●放射線は味噌や乳酸菌などのバクテリアで分解が可能だ!

Ⅱ 国際謀略・ケムトレイルの脅威を暴く

●トランプ大統領が公式に宣言したことで注目高まる!

●ケムトレイルの散布を防衛省、日本政府は黙認している!?

●ナノ化アルミと水中フッ素、グリホサートで脳の破壊が完了

●首相とマスコミ幹部が会食する民主国家はあり得ない!

●GHQの占領政策による自虐史観を改め、日本の伝統文化を取り戻そう

第3章 鉱物ミネラルの機能性に迫る

Ⅰ 鉱物性ミネラルが自然治癒力を喚起する

●黒雲母花崗岩は地球上の元素を含む

●微量・超微量元素の働きがわかってきた

●ロシア連邦保健省医学センターは16項目の薬理作用を認めた

●ミネラルは体の健康維持には欠かせない

●鉱物ミネラルは体内で数十万種類ある潜在酵素を活性化する

●食べすぎを是正し、代謝酵素を温存すれば健康は増進する

●横浜市立大が鉱物ミネラルの抗酸化酵素の活性を確認

●ミネラルとビタミンの相関関係

●50〜60年前と比べ農産物のミネラルは10分の1に!

●淡色野菜は免疫療法剤よりもガン壊死因子TNFを数倍高める!

Ⅱ 腸内の悪玉菌殺菌作用で腸管を正常化

●10〜20分で大腸菌やブドウ球菌を殺菌

●「腸管免疫」こそ免疫システムの主役

●鉱物ミネラルは腸壁を正常化し、免疫力を高める

●遺伝子組み換え小麦の除去と鉱物ミネラルによる腸管免疫の活性化を組み合わせる

●腸管造血論から見える鉱物ミネラルの可能性

●“五体不満足”氏の複数不倫発覚事件は、骨髄造血説を否定する

第4章 有害物質を除去する養生法のススメ

Ⅰ 農薬汚染、放射線被曝を抑制する養生法

●鉱物ミネラルは農薬を90%以上除去する

●味噌やワカメ、昆布などの海産物、玄米が被曝症状を抑制する

Ⅱ 「酵素玄米魚菜食」で体質改善</p>

●玄米には生命機能の一切を担うビタミン・ミネラルが豊富

●玄米中に含まれる胚芽はコレステロールを低下させ、血管障害や心臓病を予防

●GABAは脳波をα波にし、ストレスを緩和し、学習効果を高める

●女性に多い便秘を短期間に解消できる

●酵素玄米を作って食べてみよう

Ⅲ 伝統食品&ファスティングで体内解毒を高める

●“マ・ゴ・タ・チ・ハ・ヤ・サ・シ・イ・カ・ナ”を摂る

●江戸文化が生んだ甘酒が体内解毒を促進する

●伝統の『梅醤番茶』は毒消し、血液サラサラ、殺菌効果もあり、万能薬

●梅干しには抗菌・殺菌作用、疲労回復作用がある

●2日間ファスティング(断食・絶食)すると防御遺伝子が発現する!

●ガンの薬剤療法に新たな道筋を示した絶食療法

●野菜と果物ジュース、甘酒を食事代わりに飲む3日ファスティング

●65歳以上が3000万人の超高齢社会を生きぬくには?

 

エピローグ 目覚めよ NIPPON!

プロフィール

上部一馬(うわべかずま)

1954年、岩手県陸前高田市生まれ、77年明治学院大学卒業、学習研究社代理店勤務の後、92年健康産業流通新聞社入社、多くのヒット素材を発掘、自然・代替療法に精通。03年、健康情報新聞編集長を兼任。現在、フリーでドキュメント作家として、精神世界、超常現象、超古代史、UFO問題を追跡。執筆・講演活動を全国展開中。